• ホーム
  • 勃起不全の治療薬は海外から個人輸入

勃起不全の治療薬は海外から個人輸入

2019年08月12日
買い物をしているカップル

勃起不全の治療薬の販売店に問診票は必要ありません。
そもそも、勃起不全の治療薬を提供している販売店は日本国内には存在しないからです。
日本国内の販売店で提供されている薬というのは国から認可を得てその販売を許可されているものだけです。
勃起不全の薬は確かに病院で処方することは認められているのですが、病院以外の場所で利益を目的として販売することは認められていないので、風邪薬などを手に入れることが出来る一般的なドラッグストアでは絶対に薬を入手することは出来ません。
また、このような事情もあって病院でED治療薬を入手するときであっても保険の適用はないため、問診票をもって行く意味もありません。
保険で控除することが出来る薬や手術がED治療に関しては存在しないので、問診票などの作成も自己負担として作らなくてはいけません。

では、病院以外で勃起不全の薬を入手できる方法は本当にないのでしょうか。
実は、一つだけ病院を利用しなくても入手できるルートが存在するのです。
それは、海外の流通ルートを利用した個人輸入です。
この方法は、日本国内の販売店を利用した方法ではなく海外から個人輸入をしている代理店から通販という形で薬を入手することを意味します。
海外の医療の事情は日本国内の医療の事情とは全く異なっているので、日本国内で許可されていない薬であっても、海外の市場ならば既に許可されているものも少なくありません。
そして、日本の法律では日本国内でこうした海外からの輸入品を販売することは禁止されているのですが、海外から手に入れた薬を個人輸入という形でそのまま自身のために使うことは禁止されていないのです。
そのため、海外で販売されているED治療薬を日本国内で服用することが可能です。
個人輸入通販では勃起効果と持続性が高いバイアグラやレビトラといった代表的なものから、食事の影響を気にせず飲める即効性に優れたステンドラまで、幅広い種類のED治療薬が手に入ります。
また、バイアグラジェネリックのカマグラや、レビトラジェネリックのタダシップ、ステンドラジェネリックのアバナなど、先発薬より値段が安く同等の効果を得られる後発薬も売られているので、コストを抑えながら勃起不全の治療ができるのも魅力です。